胎児が相続人

胎児が相続人

胎児も相続人となります。

例えば、胎児の父が亡くなって母が妊娠していた場合は、相続人は母と胎児(胎児に兄姉がいれば兄姉も)が相続人になります。

父が資産家だった場合は、相続により生まれた時から億万長者ということもありえます。

胎児が無事に生まれるかどうかによって、相続人や法定相続分が変わりますので、遺産分割協議は胎児が生まれるまで待ったほうがよいです。

初回無料相談いたしますので、お気軽にお電話にてご予約下さい。

受付時間:9時~21時 土日・祝日も電話受付中
ご自宅にお伺いしてのご相談も無料で受け付けております。
TEL:090-3676-8204

メールでのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いいたします。
メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

料金表

このページの先頭へ