尊厳死宣言

尊厳死は人間が人間の尊厳を保って死を迎えることです。

具体的には、回復の見込みがない疾病の患者に生命維持装置による延命の治療を中止して生を終えることをいいます。

延命治療が患者を苦しめて安らかな死を阻害することになる場合もあり、家族の経済的な負担を避けたい、機械や薬に生かされるのや嫌だと考える方もいらっしゃいます。

実際に医師としては回復の可能性が0%でないのに治療をやめることは医師としての責任を問われる可能性があり、生きている患者を死亡する処置をすることは殺人罪に問われる可能性もあり尊厳死宣言書を作成しても尊厳死が実現できない可能性もありますが、医師の判断の手助けになります。

初回無料相談いたしますので、お気軽にお電話にてご予約下さい。

受付時間:9時~21時 土日・祝日も電話受付中
ご自宅にお伺いしてのご相談も無料で受け付けております。
TEL:090-3676-8204

メールでのお問い合わせは下記のメールフォームからお願いいたします。
メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

尊厳死宣言公正証書

尊厳死宣言公正証書をヘリテージ相続遺言相談センターではおすすめしております。

尊厳死を確実にするために、心身が健全な時に公正証書で公証人の認証を受けたものとして残すことができます。

手数料が必要で公証役場に行かなくてはいけないというデメリットはありますが、大切な問題ですので公正証書で作成しましょう。

尊厳死宣言公正証書サポートの料金表

安楽死と尊厳死の違い

安楽死は苦痛からの解放が目的で薬物などの使用して生命を絶つ行為です。
積極的に安楽死に加担すれば罪に問われます。

尊厳死は延命を行わないで自然に死を迎えるようにすることです。
尊厳死は人が生物として死を迎えるべき本来の時点でそのまま死を受け入れることであり、安楽死は本来の死を待たず積極的に死期を早めることです。

尊厳死宣言公正証書作成サポートの料金

  費用(税込)
尊厳死宣言公正証書作成サポート 30,000円

尊厳死宣言公正証書作成サポートの料金に含まれないもの

・手続きなどにかかる費用の実費・交通費・公証役場での手数料

お問い合わせ

相談予約

電話番号:06-6809-6813 携帯電話:090-3676-8204

このページの先頭へ